携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

プロメテウスの火

作詞: ヒイロ

空っぽの存在意義 間違い探しの日々
何でもできて何もできない
サルとヒトとを区切る線

持ち合わせたそれは 使い方を誤れば
自分さえ燃やして黒く焦がすから

お前のせいだよ プロメテウス
お前さえいなければ
僕らは苦しむ必要もなかった

真っ暗な世界と一つになって
何も感じずにいられたのに

空っぽな人生価値 ないものねだりの日々
何か欲しくて何も要らない

与えられたそれは 使い方を誤れば
自分さえ燃やして黒く焦がすから

お前のせいだよ プロメテウス
盗みさえしなければ
僕らは悲しむ必要もなかった

滅びの道へと辿ることなく
何も恐れずにいられたのに

喜びも 痛みも 涙も全部
真っ暗な世界と一つになって
何も気付かずにいられたのに

※この歌詞"プロメテウスの火"の著作権はヒイロさんに属します。

作詞者 ヒイロ さんのコメント

前作に続いて第二弾。

ヒトと他の動物との違いはなんだろう?って考えたときに浮かんだのが、
火を扱えること。
物事を考えること。
そこから火=思考する力として書いてみました。

プロメテウスは、神の命令に背き天から地上の人類へと火を盗んで与えた存在だと言われています。
火は文明や技術として大きな恩恵をもたらしましたが、銃器をも生み出すきっかけとなり悲劇の引き金にもなってしまいました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P