携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

毎日の中で

作詞: 永遠の中学生

ふだん聞かない音
いつもと違った自分が
呼吸をして
違和感をいくらか憶えた
生き易いとさえ身が喜んでいた

道路脇に落ちている花
誰かが引っこ抜いて
横たわる姿
活きる程に悲しげな嗤い声
これが良かったのだろう、
そう風の囁きが耳に染み渡る

毎日という空間を
こじ開けて気がつくと
偶然と必然の重なり合う
淀んだ朝日が地上を見下してるのか。

ふだん歩かない道
目の前が軽くなっていく
在ることへの安堵が
そのうちに重く伸し掛る

毎日の中はパズル
欠片と欠片の合わない
よく出来た玩具、知る余地など無い
教えてください、不条理の行く末を

朝の5時に見える世の中が
僕にとっての全てだからこそ
稚拙に生きるのです。

※この歌詞"毎日の中で"の著作権は永遠の中学生さんに属します。

作詞者 永遠の中学生 さんのコメント

久々に書きました。
ぱぁーと見てください。あんまりよく見ない方が良いです笑

この歌詞の評価
評価項目評価数
好感触 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

有沢雪音

'16年2月5日 02:42

この歌詞を評価しました:好感触

日々を強かに生きる、という印象でした。('ω')
なんだか冬の風景が見えた気がしましたね。

>毎日の中はパズル
>欠片と欠片の合わない
>よく出来た玩具、知る余地など無い
>教えてください、不条理の行く末を
ここがが好きでした。
合わないパズルを繰り返して、忘れた頃に合うものもあって。
その頃にはなくしてしまってもう見付からないピースもあって。

永遠の中学生

'16年2月5日 08:55

有沢さん〉
コメントありがとうございます!
そうですね、日々はうまく行かなかったり、なかなか思うようにならない事をうまく表現を含む出来たらと思いました。冬の景色は全く意識してなかったので、そこに読み手側と僕の方で齟齬が生まれ、面白いと思いました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P