携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

君の分まで生きてみせる

作詞: 杉菜まゆか

俺たち 夢も目的もなく生きていた
日が暮れると 公園に集まり
仲間たちと 一人の夜の淋しさを
わかちあっていた

そんなとき 白い鳥のような君と出会った
君のやさしさと明るさが
俺たちの救いだった

君はいつしか 命を奪われた
俺たちは 君を救うことはできなかったが
君の分まで 生きてみせる
学校からも勉強からも
逃げやしないぞ
勇気を与えてくれた君の命は
雲の上から 俺たちを見ているだろう

そして いつか笑顔で
会いにいくよ

※この歌詞"君の分まで生きてみせる"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

一年前の事件を題材に歌詞にしてみました。君はこの世を去ったけど、君の分まで生きてみせる。コメントお待ちしています。

この歌詞の評価
評価項目評価数
感動 1
切ない 2
合計 3
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (3件)

MEGUMU

'16年4月7日 20:57

この歌詞を評価しました:切ない

これは実話ですか?
ご冥福をお祈りします

__

'16年4月7日 21:49

この歌詞を評価しました:感動

ご無沙汰しております。 Taka. です。

淋しさを埋めてくれた「君」が消えてしまった時には、
言葉に出来ないほどの衝撃だったでしょうね。
でも、「君」に恥ない生き方をしようと思い、
必死に変わり始めた「俺たち」も強い心の持ち主だと思いました。

唯野一稀

'16年4月10日 17:07

この歌詞を評価しました:切ない

君とのつながりが全てだった俺たちにとって
救いの手を出せなかった俺たちが
笑顔で迎えに行く…
とても切ないと感じました

俺たちの救いであった君が
それぞれの救いであったのに
なぜ友情なのかと思いました

白い鳥は異性ではなかったのですね
とか思いました

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P