携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

裏庭の思い出

作詞: マナーモード

昨日のことを思い出して
ひとり裏庭で泣いていた
嵐が僕らを打ち付けて
それでも僕ら離れないよ

ねぇ

君の寝顔は素敵だった
今も十分素敵だけど
笑顔の方が僕は好きだ
水面に映る僕らのように

ゆらゆらゆらゆらゆらゆら揺れて
離れないよ 1秒でも
ゆらゆらゆらゆらゆらゆら見つめて
明日を待っていた

守らなきゃ僕が 君のこと
助けなきゃ僕が 君のこと
でも離れなきゃもう 昨日のこと

嵐に打たれながら 僕のこと見つめて
僕のこと思ってる
そんな君も大人になる

ぐらぐらぐらぐらぐらぐら倒れて
思い出して もう1度
ぐらぐらぐらぐらぐらぐら見回す
見つけて 僕の心

いつか君が大人になっても
ここで待ってるからさ

※この歌詞"裏庭の思い出"の著作権はマナーモードさんに属します。

作詞者 マナーモード さんのコメント

「死んでしまった猫を裏庭に埋めた。少年ははずっと悲しんで泣いていた。立ち直らなければ何も始まらない。死は終わりではない。大人になって前を見つめて、つらくなったら帰っておいで。」

友人が書いた小説の一部です。
とても感動したので歌詞にしてみました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P