携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

想い出の沈む空

作詞: RYU’s

見慣れた景色がとても切なくて
涙が溢れる不思議な朝
僕はありふれた感情で
窓越しの街を見つめていた

想い出が沈むときの空は
一体、何色なんだろう
いつか君が想い出になった日に

君の名前を想い出すよ
暮れ泥むオレンジの陽が
溶け出すように
街の縁に拡がっていく
昨日と同じように


当たり前のように想い出を
書き留められる訳じゃない
絵日記に並らべた
拙い言葉がそう教えてくれる

鈍色に染まるときの空は
まるで薄れていく
記憶の中の君の笑顔のように

愛しさの欠片 繋ぎ留める
やがて昇る真っ白な陽が
包み込むように
街の縁に拡がっていく
明日も同じように


ガランとした大通り
伸びる影が一人
黄色のランプが灯る
交差点に伸びてる

君の名前を想い出すよ
暮れ泥むオレンジの陽が
溶け出すように
街の縁に拡がっていく
昨日と同じように
明日も同じように

※この歌詞"想い出の沈む空"の著作権はRYU’sさんに属します。

作詞者 RYU’s さんのコメント

記憶は薄れていく。感情も想い出も。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P