携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

縁〜えにし〜

作詞: ナオヤ

1A・寒いな。と気がつけば 木枯らしが背中を押していく
   近づいてく年の暮れに 胸の鼓動が少し凍える
   昨日の事のように ふとよみがえる想い出たちが
   二度と見れない空のように 心の奥を切なくさせる

 B・また瞳を閉じて そっと開けた先には
   あの笑顔たちは きっとここにはいない

 S・僕らが生きる日々は 流星のように一瞬で
   美しく時間(とき)を彩り 儚く通り過ぎてゆく
   目の前に映る景色も 知らぬ間に消えてしまう
   それでも確かに 僕らの生きた証はこの場所に…



2A・街中で鳴り響く 情熱を懸ける音色たちが
   今日を過ごす喜びと 今日が過ぎゆく悲しみに染める

 B・何もかも嫌になって 諦めようともした
   けど気がついたんだ 諦めなくてよかった

 S・楽しく笑った日々も 悔しく涙した日々も
   今の僕らへ繋ぐための 大切な道標だった
   もうすぐ別れの時間(とき)が 迫ってきてしまう
   それでも見せない涙は また出逢った時の笑顔に…


 S・僕らが生きる日々は 流星のように一瞬で
   美しく時間(とき)を彩り 儚く通り過ぎてゆく
   目の前に映る景色も 知らぬ間に消えてしまう
   それでも確かに 僕らの生きた証はこの場所に…

   今でも確かに 僕らの生きた証はここにある

※この歌詞"縁〜えにし〜"の著作権はナオヤさんに属します。

作詞者 ナオヤ さんのコメント

短い間によさこいでつながった縁の区切りが、時とともに迫ってくる。
そしてその縁が区切られる日、僕たちはその縁の素晴らしさを知る。



もしよろしければ、評価・コメントをよろしくお願いします!!

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P