携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

着物の女

作詞: コッタボン

呑み慣れた 酒を 女(あいつ)想って 片手であおる 思い出せば 今夜だけ 忘れたくて 思い出なぞる

ひらひらと 揺れた着物は 過去の女 重(だぶ)って 見える

あぁ 俺の女だった いつもの酒じゃ 忘れられず 着物が似合うあいつを

今日も明日も探しているのさ

出会った日 愛を しって傷ついて 酒に頼る お前愛せば 今夜だけ 忘れられる
指絡ませて

ひらひらと 揺れた着物は 過去のときめき 霞んで見える

あぁ 愛しているよと 伝えられたら 着物が似合うあいつは

今日も明日も 誰かのもの

あぁ 俺の女だった いつもの酒じゃ 忘れられず 着物が似合うあいつを

今日も明日も探しているのさ

あぁ 愛しているよと 伝えられたら 着物が似合うあいつは

今日も明日も 誰かのもの

※この歌詞"着物の女"の著作権はコッタボンさんに属します。

作詞者 コッタボン さんのコメント

過去に書いた
居酒屋の女の続き的なので書いてみました。

過去の恋人を忘れられず、酒に頼る

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P