携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

盲目の詩人

作詞: さっきー

盲目の詩人に出会った
僕は彼と友になりたかった
彼もそれを望んでくれた
だけど時々彼はとても遠くに見えた

彼は空の美しさを知りたがった
僕が拙い言葉で伝えると
君はそれを数十倍美しい言葉を
まるでそうであるかのように紡ぐのだ

盲目の詩人の綴る世界は
それはもう綺麗だった
盲目の詩人の描く空は
どこまでも澄み切り輝いていた

盲目の詩人の描く人は
僕のように汚くはなかった
盲目の詩人の見る夢は
希望と彩りに満ち溢れていたんだ


盲目の詩人に転機が訪れた
医療と技術の進歩は著しい
彼の視界に灯が灯る日が来た
彼は世界を見れることを喜んだ

「僕はこれから全てに出会う
香りや手触りではわからなかった全てに
何度も夢想し描いてきた全てに
僕の全ては今から始まるのだ」と

盲目の詩人は空を見た
ビルに囲まれた狭い空を
盲目の詩人は街を見た
死んだ目ですれ違う人と

盲目の詩人は女を知った
しかし彼女は少し汚かった
盲目の詩人は夢を見た
その景色は見知った物ばかりだった


盲目の詩人は絶望してしまった
目が届く景色は全て味気なかった
彼は海に出た 山に出た 島に出た 世界の全てを見た
けれど詩の中に描いた景色だけは何処にもありはしなかった

盲目の詩人は旅するのをやめた
盲目の詩人は望むのをやめた
盲目の詩人は感じるのをやめた
盲目の詩人は詩を書くのもやめてしまった


彼は全てが終わってしまったと言った
だけど僕は彼と真に友になれた気がした
少しだけ嬉しい気がしてしまったんだ
僕はそれが全ての始まりだと返した

※この歌詞"盲目の詩人"の著作権はさっきーさんに属します。

作詞者 さっきー さんのコメント

どうでしょう?

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P