携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

作詞: つばめのす

青みを帯びた夕暮れの大気の中を
深海に沈んでいく 巨大なフィッシュのように
翼を左右に振りながらエアロプレインが
下降していく

さっき他国の空港で別れた女の顔が
蒼く暮れ果てた窓にぼんやりと浮かぶ
男は後悔していた はっきりと別れを
告げなかったことを

後立山連峰の白い稜線が
真っ青な空を断ち切る
谷間の雪路を一台の車が走る
カセットテープからミッシェルポルナレフの
シェリーに口づけ

二人の少年は山陰本線の列車から見える
日本海のインクブルーに感動していた
初めての夏休み旅行 一人の少年が
叫んだ しまった財布落とした

宿賃もなく その少年の叔母を
頼って嫁ぎ先に泊めてもらう
居心地の悪い 青い青い少年達の
夏の夜でした

※この歌詞"青"の著作権はつばめのすさんに属します。

作詞者 つばめのす さんのコメント

誰にでも有る青の世界時代 それが青春

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

ガマ油

'17年2月23日 13:00

この歌詞を評価しました:素敵

古い映画を見ているかのような、情景が目に浮かんできました。

絶妙な描写が素敵です。

つばめのす

'17年2月23日 14:37

こんにちは
人間って 場面場面においていかに儚いか書きたかったです

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P