携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

陽だまり

作詞: RYU’s

暖かな時代だったといつか想う
数え切れない不安な夜に
僕らは肩寄せ 抱きしめ合う

都会のビル風に煽られ揺れる
綺麗な桜の木は
いつからこの街を見ているの

わだかまりの坂道
登り始めた思春期の
揺るぎない憧れに
人は大人の歩みを感じる

陽だまりの歌
街並みに溶けては消える
あどけない青春の木漏れ日のように
日傘を指した
少女の笑顔は大人びて
寂しくなるよ
まだ子どものままの僕じゃ


アスファルトの照り返しは柔く
春の景色に彩り添えて
僕らの痛みを知っているように
ただ優しく温もりをくれる

登りきった坂道
振り返り見る青春の
絶え間なき輝きに
子どもの名残を惜しむ

陽だまりの風
通り抜けては忘れゆく
他愛ない懐かしい日々のように
泥まみれの
少年の笑顔は無邪気で
寂しくなくなるのかな
大人になってしまえば


嬉しい時の涙の味は 悲しい時とは違うから
終わりゆくその時まで君といたい

陽だまりの歌
街並みに溶けては消える
あどけない青春の木漏れ日のように
日傘を指した
少女の笑顔は大人びて
寂しくなるよ
まだ子どものままの僕じゃ

寂しいままでいたいよ
子どものままの僕で

※この歌詞"陽だまり"の著作権はRYU’sさんに属します。

作詞者 RYU’s さんのコメント

久々の投稿です。
子どもだから感じられたもの感じていたもの。大人になってなくしてしまわないように。当たり前の感情を当たり前のまま。寂しい気持ちが大切なんです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

バブゥチャン◎

'17年4月8日 06:59

寂しすぎる
ママー!

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P