携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

誰かが君を見ているよ

作詞: 杉菜まゆか

カバンを足元に置き 心臓ドックンドックン状態で食べる
みそラーメンの味 不思議となんの味もしない

あんなことしなきゃよかった
後悔しても あとの祭り
いいじゃない その程度のこと
世間にはもっと大悪事をやらかし 
当たり前の顔してる奴いるんだよ

いつもそんな言い訳が 頭にこびりつく
そんなとき 小太りの男が声をかけてきた
「あの さっきラーメン食べてた時
僕の足にカバンが当たったでしょう
むちゃ痛かったわ」

ああ 絶体絶命 ついに悪事がばれた
心臓飛び出しそうな バッキンバッキン状態
思わずカバンを抱きかかえ 精一杯の愛想笑いを浮かべた
「ごめんなさい 大丈夫ですか」
男は にやりと薄ら笑いを浮かべながら
「そんなことよりも お茶でも飲まない」

無言のまま 立ち去ったが
心臓バックン状態はとまらない
やっぱり 自首しよう
その方が 心臓がラクに決まってる
さっきの男 私のすべてを知っていて
尾行してたのかな?







※この歌詞"誰かが君を見ているよ"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

やましいことをすると、心臓バックン状態になるものです。自分がした悪事は誰にも知られなくても、自分がいちばん知ってるといいます。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
おもしろい 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

#かわぎ

'17年5月7日 21:46

この歌詞を評価しました:おもしろい

??

世時

'17年5月7日 23:33

この歌詞を評価しました:共感

罰は記憶にくだされるって白夜行というドラマでの台詞がありました。


白夜行、面白いですよ?映画もあるし☆

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P