携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

どくだみの花

作詞: つばめのす

心に忘れたあの人も
この季節が来ると思い出す
アパートの陰に咲いていた
胸につーんと来る恋でした

心に決めたあなたでも
季節が過ぎれば消えていく
あの年の春は短かった
ボストンバッグを持ったあなたが
階段を下りていく

今でもこの匂いを嗅ぐと
涙が溢れます 
なぜ追い縋らなかったのか
なぜついて行けなかったのか

心が聞いたあの朝の
ポストに響く鍵の音
あなたはどんな気持ちで
投げ入れたの 今でも
もう一度尋ねてみたい 許されるなら

※この歌詞"どくだみの花"の著作権はつばめのすさんに属します。

作詞者 つばめのす さんのコメント

葉っぱをちぎった時のあの独特の匂いは癖になります
青春の苦い思い出みたいに

この歌詞の評価
評価項目評価数
キャッチー 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'17年5月17日 21:11

この歌詞を評価しました:キャッチー

どくだみの白い花は清楚な感じで好きです。どくだみは、にきび肌によくきくんですよ。

つばめのす

'17年5月18日 06:47

おはようございます
どくだみの匂いは変だけど嫌いじゃ無いです セイロガンの類いです

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。