携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

硝子のレクイエム

作詞: そらのおくりもの


 夜の窓辺で円い月が浮かぶ
 今日もおやすみ 明日には笑えるかな

 毛布に包まっては 瞳閉じて
 空に消えた温もりを 胸に描きながら

 小さな命が口ずさむ
 淡く闇に溶ける想い出
 振り返っても いつもの笑顔で
 隣に居てくれるかな


 静かな街を優しい風が撫でる
 今日も指切り 明日こそ変われるかな

 流れた星の跡を なぞってみたり
 形の無いものばかりに 縋りたくなるよ

 朝の匂いが来る前に
 そっと まどろみに乗せた
 寄り添う冷たさに身を委ね
 紡ぐ硝子の歌


「サヨナラ」の一言が
 こんなにも怖くて 震えて 
 今も云えないままで

 時々 溢れる想いが
 目から零れ落ちてしまう
 いつか笑えるかな 変われるかな
 また愛せるかな
 残された この時間を


 小さな命が口ずさむ
 見えない背中に贈る歌
 逢えなくても いつもの笑顔で
 隣に居てくれるなら

 太陽を迎える場所へ
 不器用でも喉を鳴らすよ
 どこかで耳を澄ましている
 あなたに届くといいな

※この歌詞"硝子のレクイエム"の著作権はそらのおくりものさんに属します。

作詞者 そらのおくりもの さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P