携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

あとほんの僅かの勇気で僕らは

作詞: チョクト

ほんの僅かの勇気があれば その先の一歩
踏み締めてゆけば 変えられることがあるんだと
強く 強く 想いを灯して 願い途絶えることはなく

身の丈に合わない 気持ちや理想は悉く
擦り減らされながら 時代の荒波に
もみくちゃにされながら

心の奥底の方から 粉々に砕ける音が
響き渡って 感情は言葉にも出せないまま

見失い 擦れ違い 掌から零れ落ちたのは
たしかな たくさんの希望の欠片、数々


もしもの後悔ばかりで その先の一歩を
踏み越えられないまま 世界の先を見据えて
怯える日々ばかりじゃ 変えられることさえも

何も、何一つも 解決しない矛盾を抱えて
自分の将来さえ 期待なんか出来ないから
ほんの少しでも 取り除き癒すことが出来るなら

前を向いたその時は 小さな希望の明かりでも
ほんの僅かな勇気でも 願い絶やすことはなく
その一歩の先で 僕らは夢を夢で終わらせない
日々を歩んで 次を繋ぐ希望を想いに託すよ


誰よりも一番に 愛したいモノがある筈なのに
素直に言葉には出来ず 蔑ろに作り上げた日々
今を生きることにさえ なんの意味があるのかと

自己犠牲を装いながら 自分自身の首を絞めて
悉く 擦り減らしながら 言葉は言い残すばかりの
言い訳が いつだって もみくちゃに感情を乱して

心の奥底の方で 砕けるような音が
鳴り響いて 表か裏さえも判らなくなるほど

見失い 擦れ違い 掌から零れ落ちたのは
たしかな たくさんの希望の欠片、数々


繰り返す過ちじゃ その先の一歩を
踏み越えられないまま 世界を見据えて
恐れる日々ばかりでは 変えられることさえも

何も、何一つも 解釈もしないジレンマを抱えて
自身の将来さえ 期待ですらも求めはしないだろ
もしもほんの僅かでも 答えが応えになるのなら

前を向いて時を迎える その瞬間、小さな輝きでも
ほんの僅かな施しでも 願い絶やすことはなく
一歩、一歩 僕らは夢を繋ぐ術を見出して
日々を築いて 新たな明日に想いを託す


僕らは、夢見がちだと 理解を告げられても
正直なぐらいに 真っ直ぐに夢を見ているから
あとほんの少し 勇気を振り絞り願い届くのなら

悔しさで 滲んだ世界もいつの日か… 輝くから

もしもばかりの 空想じゃ未来なんて望まない
結末ばかりで 生きることにさえ意味を唱えて
彷徨い惨めでも 僕らが望んだことはいつだって

一番に愛したいモノを 輝く未来へ届けてゆく
ことでしょ? ほんの僅かの勇気だったとしても
限りある日々で 躓く恐怖心が心を奪おうとも

一歩ずつ その先へ進んでゆける術があるなら
あとほんの僅かの勇気を 強く 強く 想いを灯して

※この歌詞"あとほんの僅かの勇気で僕らは"の著作権はチョクトさんに属します。

作詞者 チョクト さんのコメント

ちょっと切なくも、誰かの背中を後押し出来るような作品をイメージして
作ってみました!あとほんの僅かの勇気を振り絞れない方がいましたら
後押し出来るようなフレーズをご覧ください!

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

せぃたろー。

'17年7月31日 17:06

この歌詞を評価しました:深い

確かに…人は人生で何回、後悔をするんでしょうね…

この歌詞を見て、自分の人生のことを考えさせられました。
いい作品に出会えました☆

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P