携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

流星を仰ぐ

作詞: キリト

影を落とした
夕焼け赤く染まってる
僕らの残した軌跡は
多分残ってない

この街で生きた記憶は
確かに残ってる
だけど記憶は
やがて色褪せる

寂しいような
切ないような
理不尽だらけのこの世界で
足掻きながら
もがきながら今
終わりがやってくる

夕焼けが沈む頃には
僕らは闇の中
霞んで見えてた虹は消えて
星空が広がってた

闇の中で光った
空には流れ星
消えてく景色
色褪せる世界
それでも空を仰いでる

僕ら残した
軌跡は多分
僕らの心の中に

※この歌詞"流星を仰ぐ"の著作権はキリトさんに属します。

作詞者 キリト さんのコメント

読んでくれたら嬉しいです

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'17年8月31日 18:50

この歌詞を評価しました:素敵

あの街はすっかり様変わりしてしまった。思い出は記憶のなかでしかない。ふと、そんなことを感じさせました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。