携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

ふたりの海岸

作詞: Metatron

潮気のする風に吹かれていたら
髪が傷むと
きみが呟く

ボールのかわりに流木を蹴り
子供みたいと
僕が呟く

僕たちふたりの海岸
贅沢だね
ふたりはまるで・・・

あの空に浮かぶ
雲をつかまえ
両手をうえに
目いっぱい伸ばしたら

今年の夏は長くなりそう
何度も明日も
ここに来よう


広い海岸をひとり歩いた
僕のあしあと
ずっと続いた

きみはテトラポットで眺める
波打ちぎわと
僕の長い影

日焼けをすると言いながら
楽しんでる
ふたりはまるで・・・

帽子をおさえて
裸足で駆ける
きみの姿に
涙が出そうになる

今年の夏は暑くなりそう
何度も何度も
ここに来よう


日焼け止め忘れたから
きみの白い肌が
紅くなって


まるでふたりは・・・


帽子をおさえて
裸足で駆ける
きみの姿に
涙が出そうになる

あの空に浮かぶ
雲をつかまえ
両手をうえに
目いっぱい伸ばしたら

Summer Time

※この歌詞"ふたりの海岸"の著作権はMetatronさんに属します。

作詞者 Metatron さんのコメント

ふたりの海岸

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。