携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

愛のリリース

作詞: つばめのす

諦めた筈なのに 忘れた筈なのに
風が匂いを運んでくる
季節の折りに咲く花が
私の足を引き留める

あなたと過ごした過去よりも
長い時間が過ぎました
まだ結婚していないと聞いた
二人添えない仲だから
放した愛が彷徨くのか

手を放したら知らぬ愛の筈なのに
何処かで 誰かと遊んでいた
倒れていた蝋燭の芯が燃え上がる
無理に息で消してみる

理由を付けて燃え滓の濁った
感情を窓の外に逃がしてやる
掴み切れなかった愛なのに
またリリースしている惨めさを

※この歌詞"愛のリリース"の著作権はつばめのすさんに属します。

作詞者 つばめのす さんのコメント

経済的理由で別れたのに まだ何とかならないかと思う浅はかさ
リリースと言うよりもがれると言う方が

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

足立美子

'17年9月16日 12:42

この歌詞を評価しました:深い

味わい深い作品ですね。
とても大人で説得力もある。
好きだ嫌いだでは裁き切れない愛の深さを感じました。

つばめのす

'17年9月16日 19:49

今晩は コメント有り難うございます
愛の遺産を整理するのは余り気の進むものではないです

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P