携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

-泡と幻想と、星空と-

作詞: MEGUMU

出会った 頃から
すれ違い ばかみたい

あなたを 変えたくて
変わらないもの 見失ってた

あと どれだけ 残されてるんだろう
あなたとの日々 私の宝石は

ナガレユク時 星空見つめて
願いをかける二人はきっと

永遠求める僕らの性で
ラララララ 奇跡を歌うよ

ずっと 想うよ

愛してるんだ

時を奏でる僕らの夢が
そこらじゅうにキラキラ散らばって ねぇ

あなたとみるこの空までも
包み込む夢 儚く消えるの

きっと やっと 気づく 気がするの

あなたの 優しさだね 何だか

涙が止まらない


二人で なくしたものは
きっとまた 拾い直せるよね

何もかも 知らなくて
不器用なまま 何を学べたかな

あと どれだけ笑えるんだろう
私に残された 甘い時間

見つめあってる 二人でいると
何もかも皆 忘れてしまうの

本当だよ‥?

忘れ去りたい想い出たちは 本当は
何よりの 僕の 宝物だよ

きっと これを頼りに
生きていくの

夢想に 浸って

眠ったなら

ほら

時が 止まったよ 不思議だね‥



お別れいうのがとても辛いわ だって
あなたの気持ち痛いほど伝わるから

約束する 何処かで強く生きるあなたに
僕ら 永遠なんだって 初めから

泡が はじけたなら

また 何も忘れて

あなたと出会い直すからね‥?

その日まで
その時まで
その日まで
その時まで‥

※この歌詞"-泡と幻想と、星空と-"の著作権はMEGUMUさんに属します。

作詞者 MEGUMU さんのコメント

https://youtu.be/OyMFenvEN8E

この歌詞の評価
評価項目評価数
感動 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

唯野一稀

'17年10月31日 22:55

この歌詞を評価しました:感動

こんばんは
只野一稀です

言葉のセンスが光っていて
目にあまる位、心揺さぶられました!

いやこれ以上、この作品に
合わせる言葉が、見つかりません

強いて言うなら
鮮やかで儚かったです。
そして美しいです

評価は感動です

ありがとうございました

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。