携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

-あの街の、ジングルベル-

作詞: MEGUMU

ジングルベルが鳴る

夜空を追い越して

今あなたを
憩う

今日の日はまた

朝日が昇るように

誰かが僕らを

待っている

さみしかったなら

そばにおいで

ランプの火でも

灯そう

月明かりが今夜

誰かをまぶしく染める

赤い太陽の人

涙を零さず

生きられたなら

か弱い子羊

どうか護って

ジングルベルが鳴る

夜空を追い越して

今あなたを
憩う

今日の日はまた

朝日が昇るように

誰かが僕らを

待っている

※この歌詞"-あの街の、ジングルベル-"の著作権はMEGUMUさんに属します。

作詞者 MEGUMU さんのコメント

メロディ浮かんで忘れたがっかり

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'17年11月25日 17:18

この歌詞を評価しました:共感

羊は、一見頑丈そうですが、近視で遠くのものは見えず、一度倒れたら、起き上がるのが困難なようです。また、強欲なところもあり、一か所の牧草を食い尽くそうとするので、羊飼いは徐々に羊をいろんなところに導くそうです。人間と似ていますね。

MEGUMU

'17年12月5日 15:42

まゆかさん
そうですか
わざわざコメントくださり
ありがとうございました

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P