携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

千を越えて

作詞: つばめのす

寝て一畳 食べて八万食
抱いて五人 愛して一人
人生その位 有れば良い

父母を忘れ 友と飯を食い 
女に溺れ 金に目が眩み
我破れて 道をさ迷う

帰りたい処もなく 会いたい人も今はない
過ぎてきた峠も千を越え
今日は雲一つ無く 三百六十度下界の如く
我 仏に成りしか 鬼に食われしか

地獄の沙汰も金次第 その金も無くなり
途方に暮れる山道 いっそ山賊に出合い
谷底に突き落とされれば生きる術も生じ
重力の反転も起こりべくや

狡さを目頭に隠した女が立っている
狐の化け姿か 天女の落ち人か
どちらでも良い 一杯飲みませんか
峠茶屋ヶ坂 四十八 営業中

※この歌詞"千を越えて"の著作権はつばめのすさんに属します。

作詞者 つばめのす さんのコメント

何でも四十八付けるな 坂も

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P