携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

京都の東京の女の子

作詞: つばめのす

ホテルの出掛けの朝シャワー
体が薄ら寒い
連泊の身軽さに歩くもみじ街道鹿ヶ谷通

平氏の企み叡山の横槍
白川通りを行けば我が兄を助け給へ
陰謀に消される女人の情炎

帝が腹を減らし道喜が作りし粽
塀に沿って歩けば応仁の荒ぶ世の風
櫃に囲いし女の操東京に帰ればどうしようか

恋に破れ来てみたが
世のダークサイトの起こす事変の数々
見えない物を畏怖し噂に己の想像力の
なせる心中の妖怪に怯え畏縮する

権力を手中にした者が自分の影に
怯えるように 脳裏のレーダーに
浮かび上がる者を殺戮していく
臆病の種を潰していく

三条河原を血の海で染めた狂気の男
妾にしたもののまだ寝所に上がらぬ娘まで
一族として磔の竹矢来の中 
公開中独裁者と一緒に見せられて 
謀反の讒言に踊らされる

この世の闇は己が作り出す 無の恐怖を捏ねて
欲もプライドも捨て魂を千二百年の都の空に
遊ばせれば何も畏れるもの無い

岡崎疎水に佇む女の姿が
噴き上げる噴水に何を思う
平安の時も荒涼の時も時空を越え
荒ぶる魂を解き放て 詐満の呪術を打ち砕け
いつまで恐怖を植え付け従わせる積もり

※この歌詞"京都の東京の女の子"の著作権はつばめのすさんに属します。

作詞者 つばめのす さんのコメント

歴史の好きな子は怖いことも好き

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
かわいい 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (7件)

足立美子

'17年12月20日 20:33

この歌詞を評価しました:素敵

まさしく私の事?(笑)
歴史大好きです。ロマンを感じますね!

つばめのす

'17年12月20日 21:13

今晩は歴史も怖いですけど このサイトはもっと怖いですね

足立美子

'17年12月20日 22:04

え?どうしてですか?
ログイン出来なかったことでしょうか?

つばめのす

'17年12月21日 01:09

そうです 消えたかなと思ったから

バブゥチャン◎

'17年12月22日 02:48

この歌詞を評価しました:かわいい

働かざる者
たらふく喰うべし!
贅沢万歳!

つばめのす

'17年12月22日 07:50

おはようございます 赤ちゃん◎さんいつもコメントありがとうございます

バブゥチャン◎

'17年12月22日 16:31

すみません いつもてきとーなことばっかり言って

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P