携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

作詞: RYU’s

時代は変わりゆく 僕らはその中で何が出来るのだろう

夕暮れのこの空は 不安な未来(さき)のようで
小さな手を握りしめた か弱い背中
無垢なる愛で 繋がっている

都会の喧騒 巡る風 何処かへ飛んでいけるような
翼が見えた子どもの頃の不思議なときめき

いつか終わるから 繋がりに縋りつく
それは弱さじゃない 生きていく大切な
その時代に産まれた意味を 受け取る為


幼眼(おさなまなこ) 凝らして見える景色は
いつもキラキラと透き通った
どこにも無い 誰も知らない街並み

吹き荒れるビル風 狭い空
何処にいるかさえ分からなくなった
立ち止まる革靴 背中を何が押してくれるだろう

時代が変わりゆく それを見ていなくちゃ
生きていかなくちゃ 守り抜かなくちゃ
この時代に生きる使命はそれだけじゃなくて
風が吹き抜けて 曇る心も晴らしていく
夜明けの光 雨上がり いつもこんな色に耀いていたんだ

君がいなくなる 僕も離れていく
その時までどうか この気持も
この願いも 抱き続けていられるなら
涙 混じりの君がいなくなる世界を
想像するだけで寂しくなるけれど
怖くなるけれど 不安でたまらないけれど

時代が訪れる 守るべきものがある限り
夕暮れと朝を繰り返しながら
雨も夜も繰り返しながら
いつか終わるから 繋がりに縋りつく
それは弱さじゃない 生きていく大切な
その時代に産まれた意味を 受け取る為

※この歌詞"絆"の著作権はRYU’sさんに属します。

作詞者 RYU’s さんのコメント

命はまるでリレーのように。
時代の中で次へ次へと繋いでいく。
それが縦の繋がりなら、同じ時代に生きてる人は横の繋がり。
それは絆という生きるための大切な繋がりで、それが無いと人は生きてはいけない。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

1週間4日前 ('18年1月8日 16:54)

この歌詞を評価しました:共感

AI化により時代は変わるでしょうが、やはり心身の健康だけは守っていきたいですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P