携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

向日葵

作詞: RYU’s

こびりついた泥 Tシャツの袖の辺り
あの頃探してた自由って こういうことだったのかも

こんなたわいもない 幸せさえ見失ってた私を
泥んこで笑う少女が 慰めてくれるでしょうか

きっと向日葵は 悲しみに向かい咲いている
晴れ渡る青い空に憧れた そんな悲しみに



喧騒を作り上げ 凛としたこの街にさえ
当たり前のように 悲しみの火は点いた

愛や優しさとは 真逆に在る物
どこからか聴こえる 叫び声に向かい
向日葵は咲いている


向日葵のように 憧れた少女が信じるもの
いくつもの悲しみとは 関係ないものでしょう

きっと向日葵は 悲しみに向かい咲いている
晴れ渡る青い空に憧れた そんな悲しみに

いつしか晴れる そんな空に

※この歌詞"向日葵"の著作権はRYU’sさんに属します。

作詞者 RYU’s さんのコメント

今も世界の何処かで戦争や災害で悲しみ苦しんでいる人がいる。
そんな悲しみは火のようにどんな時代にも燃え上がるもの。
今でもまだ多くの人がそれぞれ悲しみを抱いていて。
でもいつかはその悲しみが光となる。
ただ向日葵はそれを知っていて光を浴び咲き誇る。
向日葵は、いつの時代も自由や憧れや幸せの象徴なんじゃないかと思います。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。