携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]



夕暮れの空に舞いあがる
小さな鳥と  影法師
儚く光る星に紛れて
星座を描いた絆を教えて

羽ばたく影に 僕らの
忘れられない時があった
どうして? こんなに喜びを知っても
出逢えた日を また失くしてしまうの

いつか終わって積もる涙を
拭い合うことが出来たらいいな
もっと僕らは今出逢えた奇跡を
枯れ果てて 涙は 銀河の空へ


千羽鶴 羽ばたけ 絆の運命を
君に誓った 愛を叫ぶよ
この空に光る 星たちを繋いで
輝いたはじまりの 扉をあけよう





荒れ果てた 大地の雫を
願った 夜空の星は今でも
僕らの道をずっと照らして
導くように 静かに光る

朝の光に滲む渡り鳥
遠くを見つめる 横顔見つけた
履き慣らした靴を 脱ぎ捨てられない
君と歩いた日々を数えたい

あの日打ち明けてくれた秘密や
笑い合えた 幸せのすべて
はじまりを待つ夜の 太陽のよに
強く光りを放ち続ける


君といつまでも 空の果てるまで
風を感じて生きて行きたいから
さあ手をつないで 見上げた空へ
瞳に輝く絆に生まれよう

千羽鶴 羽ばたけ 出逢った奇跡を
君に誓った 愛を叫ぶよ
この空に光る鍵は 僕らのもの
はじまりを照らす永久(とわ)の花

君といつまでも この空の下で
傍にいる それだけでいいから
さあ手をつないで 見上げた空へ
見つけた光が繋ぐよ いつの日にも

僕らが出逢った時間を 何度でも探そう


※この歌詞"星空の扉"の著作権はミルクチョコケーキチョコアイスさんに属します。

作詞者 ミルクチョコケーキチョコアイス さんのコメント

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

サポートサイト

J@P