携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

夕焼が染めた青春を裏切らない

作詞: おだんご

枯れて散る 儚い命の名前
孤独で切ない窓の外を見た
横目に流した季節の面影が
まだ忘れられない

気づくのが少し遅かったみたいだ
操られていたのは心よりも身体

一瞬の目眩

二度と離れないように繋がれた鎖は
君のためのものじゃないと解っていた
壊れそうなほど狂おしく乱れる気持ち
無視をしたいのに解かれた熱の隙間を
埋めるすべを探してしまう どうして?

※この歌詞"夕焼が染めた青春を裏切らない"の著作権はおだんごさんに属します。

作詞者 おだんご さんのコメント

忠実に。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P