携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

たましいの唄

作詞: マンボウ

中古の腕時計を
宝物みたいにして
過ごせたらいいのになぁ

窮屈な耳鳴りも
子守唄みたいにして
眠れたらいいのになぁ

気恥ずかしい
気恥ずかしいのさ
ありのままを
見せびらかすのが

でも そんな つよがりを
たまに見抜いてほしくて
ただ そんな わがままで
僕の弱さを知るのです


ニュースで埋まる朝を
忘れ物みたいにして
昼寝すりゃいいのになぁ

憂鬱なさよならも
合言葉みたいにして
笑えたらいいのになぁ

白々しい
白々しいよな
あからさまに
頷く あなたは

でも そんな やさしさに
たまに救われたりして
まだ そんな しあわせに
僕は気付けてないのです


膝を抱えて黙るあの子を
腹を抱えて笑うあいつを
いつか解ってやれるかなぁ


あぁ こんな 唄が今
僕の中で駆け巡り
ただ そんな ことだけで
明日を見つめられるのです

※この歌詞"たましいの唄"の著作権はマンボウさんに属します。

作詞者 マンボウ さんのコメント

自分自身のことを書きました。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
構成いい 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

たなりょー

1週間4日前 ('18年4月10日 22:17)

この歌詞を評価しました:素敵

言葉で表せないくらい素敵な歌詞。
こういう歌詞を書けるよう頑張りたいです!笑

ミナモ

3日前 ('18年4月19日 09:43)

この歌詞を評価しました:構成いい

リズムがあって、綺麗だと感じました。
等身大の弱さの中に寛容さがあって、人間味がある歌詞ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。