携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

落下する物体は加速して重さに比例してその威力を増す

作詞: 嵯峨薫

暦の上ではもう春なのに
こんなに寒い4月の とある夜
建造物の隙間から零れた
賑やかな光が寂しさを煽る

片付いた部屋 落ち着かずに
右左 結局座り込んだ部屋の隅で
群青色の明日を夢見た
叶わないからか 寒さもひとしお

蹴飛ばした明日だって
きっと何か素敵な事が
嘲笑も禁じ得ない
もううんざりだった
その扉をくぐる準備は出来てた
解約した携帯
何故か無性に貴方に電話したくなった

これから行く所は素晴らしい場所なのに
どうしてこんなに涙が溢れるの
覚悟を決めた筈が 振り切れずに
まだこんな感情があったなんて、と
我に帰った

落下する物体は加速して
重さに比例して その威力を増す
くだらぬ命で 何かが傷付かないように
午前四時 静寂が僕の最期だ

屋上の風 悪戯に強く
吹き付けて僕の恐怖を煽る
揃えた靴 靴紐がなびいて解けた
それと同時に 心の何かも 解けた

殴り書いた文字が
じっとその時を待っている
嘲笑が聞こえるよ
なんて馬鹿なやつだって
そんな事 覚悟は出来てた筈だった
退職届の行方
何故か無性にその先を知りたくなった

これから行く所は素晴らしい場所なのに
どうしてこんなに痛みが駆け巡るの
関わったもの その全てが僕に囁く
あの時間は 感情は 嘘だったの?、なんて
言葉を失くした

あの日の憂鬱
あくる日の来ない安寧
明後日のモノクロ

この前の約束

果たせないと分かったら
君はどんな顔するだろう
果たすことが出来たら
君は どんな風に笑うのだろう

これから行く所は素晴らしい場所なのに
どうしてこんなに涙が溢れるの
覚悟を決めた筈が なんて覚悟の安売りだ
まだこんなにも好奇心に満ちていて
我ながら驚いた

とにかくその約束を果たさないと
どうしてこんなにも そう思うのだろう
覚悟を決めるのなら まずその覚悟からだな
まずどんなふうに攻めればいいか、と
頭を抱えた

とりあえず明日は携帯ショップに行って
職安にも行ってみよう

※この歌詞"落下する物体は加速して重さに比例してその威力を増す"の著作権は嵯峨薫さんに属します。

作詞者 嵯峨薫 さんのコメント

些細な約束でも、約束は約束。
大きな決断を下す前に思い出して、あの人を。
その言葉を。

場所をお借り致します。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P