携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

どこかであなたの声が

作詞: 杉菜まゆか

世間はいつでも うわべの愛想を求め
誰もが心のなかまで のぞけやしない
心の陰り(かげり)を うわべの笑顔で隠し
かん高い声と せつない笑顔で微笑む

これが処世術だよ
ほかに かわす術(すべ)ない

誰かのぬくもり求めてみたけれど
いずれは燃え尽き 秋風吹くよ
あとで涙の後悔する前に
Ah あなたの声 why?

※この歌詞"どこかであなたの声が"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

淋しいときは、愛する人の声を求めることがありますね。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
深い 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

Taka.

1週間前 ('18年4月14日 20:31)

この歌詞を評価しました:深い

杉菜さん。 お邪魔します。

誰もが心のなかまで のぞけやしない

その通りですけど、求めてしまうのですよね。
哀しいかな、それが この世界の生き方の様な気がします。
深い歌詞でした。
ありがとうございました(*´∀`*)

ホワイト

1日前 ('18年4月21日 13:13)

この歌詞を評価しました:共感

確かに世間は うわべの愛想が多いですよね。本当に術のない処世術だと思います。ただ人のぬくもりは愛として少し残る気がします。勝手なコメントすいません。人間の真相心理を突いた歌詞だと思いました。考えさせられました。ありがとうございます。(__)

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。