携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

奇をてらう。

作詞: 日向七乃

要領よくと言うくらいならば
要領よく教えればいいじゃない。

0から始まった人でしょう?
最初から1を持ってたんでしょうか?

感じが悪いセンサーみたいに
オルガスムを認証できない。

満たされたら幸福でしょうか?
そこに残った虚しさは嘘?

細い腕には不釣り合いな物だけが
絡まって外せそうにはないから。
この手にはそれを壊す力もなくて
ただただ自分の運命を呪う。

破壊による再生へと、
絶望を愛する己へと。
繰り返す罪の狭間で
奇をてらう自分自身と。

どこか遠い国の人なら
僕のことを少しくらいは理解できただろうか?

破壊による再生へと、
絶望を愛する己へと。
繰り返す罪の狭間で
奇をてらう自分自身と。
違う違うと駄々をこねる。
子供のままではいられなくて。
それでも大人を装って
奇をてらう自分に酔って。

禍々しいのはおどける自分。
棘を失った言葉はオブラートをに包んで。

※この歌詞"奇をてらう。"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

なんでどこの職場にも何も教わってない人にできて当たり前みたいなかんじで言うやついるんだろうね。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'18年5月8日 07:29

この歌詞を評価しました:共感

いつの時代でも、いろんなことを、謙虚に学んでいくことが必要ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P