携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

神様は天才を傍に置きたがる

作詞: 藍陰 紺

人はいつか死ぬと
死ぬために生きていると
生きている理由がわからないと
死んでいく

前を向けば理由なんて
たくさん転がっているのに
大好きな人も 天才だったあの人も
僕を置いていってしまうから 大嫌いだ

遅いってわかっているのに あぁ
心に穴空いちゃって 水溜まりできちゃって
どうしてくれるのさ 
嫌いだ 大嫌いだ

夕暮れに響く音楽 よく聴いていたのに
もう聴きたくないんだ
悲しくて 辛くて 思い出したくもない

もうわかったから かえってきて
なんともない顔して 大丈夫って言うんだ
うそつきの笑顔
嫌いだ 大嫌いだ
こんな言葉を並べている
自分が大嫌いだ

寂しいと泣けばかえってきてくれるの
ねぇ神様 かえしてください
不老不死なんて言わないから

願ってもかえってきてくれない愛に
嫌いで 大嫌いな僕に
好きで 大好きな君に
またねと手を振る天使に
どうしたって抗えぬ運命に
さよならを 告げるのさ

※この歌詞"神様は天才を傍に置きたがる"の著作権は藍陰 紺さんに属します。

作詞者 藍陰 紺 さんのコメント

君のいない世界

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'19年5月10日 08:09

この歌詞を評価しました:共感

人は、死ぬ前に心身ともに老化して、身体がいうことを聞かなくなります。その前に、精一杯の努力をするべきですね。
 人は、神様の栄光をあらわすために生きているのです。

藍陰 紺

'19年5月11日 00:56

杉菜まゆかさん
コメントありがとうございます。
人の生き方なんてそれぞれで答えなんてありませんね。
たくさんの生きる理由があってもいいと思いました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P