携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

君の背中は風に消えつつある

作詞: 杉菜まゆか

僕が手を伸ばしたら ふと君は背中を向け
風の向こうへと 消えていく
どこへ行くの 僕の知らない君の世界
教えてよ そんなことすら聞けない
意地っぱりで照れ屋の僕

ああ 君と二人だけの世界を守りたい
でも 君はいつも風に包まれたような
なぞの背中を見せるだけ
いつかは 君を抱きしめたい

※この歌詞"君の背中は風に消えつつある"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

男性目線で書いたつもりです。間違いがあれば、ご指摘いただければ幸いです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
タイトルいい 1
好感触 1
合計 2
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

ももこさん

'19年6月20日 17:18

この歌詞を評価しました:タイトルいい

杉菜さん こんにちは^^

男性目線で書かれた詞ですね。
私も男性の気持ちはわからないけれど、この詞は優しくさわやかですね。
男性からみて女性は、はかなくて神秘でしょうけど、たぶん・・・
女性は結構図太いのですよね^^
タイトルがとてもいいなって思いました(^−^)

くりす

'19年6月21日 13:20

この歌詞を評価しました:好感触

こんにちは。

異性の視点で書く試みは素敵だと思います。珍しいことではないかもしれませんが、誰にでもできるものではなく、現に僕なんか女性の気持ちになって書くなんて不可能に近いですw
だから、そんな杉菜さんの意欲に好感触です。

ただ、せっかく男性目線で書くのですから、女性とは全く違う観点、それも主人公を女性に変えると違和感すら覚える箇所があれば、よりいいと思いますね。
今回の歌詞の主人公を更に女性に置き換えても特に違和感はないかと。昨今は、女性が男性を護りたいと思うこともそんなに珍しくないですから。
例えば、今回載せてくれた2連をサビとして、更に少し連を増やして『僕』と『君』の身体的特徴を入れて違いを図ってみたり、考え方の違いなんかを入れてみたり、互いの関係性を入れてみたりと、ここから幅はかなり広がると思います。

では。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P