携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

灰色の虚像

作詞: utsusemi


錯綜する情報網に投げ出された異端児は
隙を見せた瞬間 固定観念の袋叩きに合い
正義感という 不特定多数の暴力の前で突っ伏している
後に命を絶つ動機にさえ成り得たとか

可視化された有象無象から それを拾い上げた何者が
着色を施した餌を混ぜ 高値で売り捌き
肥大した虚像が この社会の立ち位置を染める
墓の前は無神経な参列者で 今もなお渋滞中

時代とやらに構築されてきたんだ
同情に縋り付くのは 何処のどいつ
こんな痛みも こんな翳りも
到底 あんたにゃ関係ない事

造作もない命

巡り逢いに共依存を見出して 現実味を失くした存在証明
仮面を被れば大人しい顔した奴も 暴言吐かずにはいられない
許す許されるのも下すのは同族で 静観してやり過ごす自分も同族
悲哀 背比べ 憎悪 承認欲求 捏造
喰らい尽くす先は いつも虚しさだ


一躍 舞台照明を浴びて英雄と謳われた彼も
陰を暴かれ 転落した四畳半で息を繋いでいる
事の次第は良識を重んじた故の善意らしいが
境界を越えた以上 絶対悪の殻は破れず

数少ない擁護の声明が それを狼煙に掲げ
さらに履き違えた周囲すら 薪を焚べて燃え盛り
根源ごと全焼に至っては誰しもが致命傷
当の彼は知る由もなく 貧しさと隣り合う

複雑化を言い訳に断ち切ってきたんだ
不純物を嫌ってんのは 何処のどいつ
手を繋ごうが 戯言語ろうが
それすら あんたにゃ関係ない事

明日は我が身の上

白を起点に黒を削ぎ落とせば 誰一人残らない勧善懲悪
矛盾を孕んでこそ法が廻りゆく 辻褄合わせの多数派
常識 非常識も結ぶのは同族で こんな歌吐き散らす自分も同族
どうか その平等という人間ありきな嘘で
救えない世界を 救ってくれよ

※この歌詞"灰色の虚像"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P