携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

雲の光 反射

作詞: 杉菜まゆか

灰色の雨雲が 急に視界をおおうよ
潜んでいた不安感
呼吸 乱れ舞う
その前に いさぎよく跳べ
神様 見ているよ
いつも光を 照らされる

すべてがあらわになる ときがくる
隠れてたことはみな 目の前広がり
隅にある石 拾われたときに
何か新しいもの 生み出すんだ

※この歌詞"雲の光 反射"の著作権は杉菜まゆかさんに属します。

作詞者 杉菜まゆか さんのコメント

隅にある石というのは、捨てられたものという意味ですが、意外とそれが役にたつ時代が到来します。たとえば植物繊維やあかもく(海藻)は、役に立たたないものでしたが、現在は無くてはならないものになっています。

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

ももこさん

2週間2日前 ('19年8月1日 12:37)

この歌詞を評価しました:深い

杉菜さん こんにちは

考えさせられる詞とおもいました。
人がみてなくとも神様がみてますね。
人として人間らしく生きていきたいものです。(-_-)

あかもくという海藻があるんですね。
私は知らないことが多いです^^;
時代はかわっていきますね(^−^)

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P