携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

灯篭流し

作詞: utsusemi


朱く燃ゆる空の下
後ろに伸びる影法師
小さな笹舟に火を灯す

花の化粧を纏った
貴方へ贈る手紙
どうか無事に届きますように


季節は巡り続け 気付けば共にした日々を
ひとり紡ぐ日々が追い越して 刹那を知る

ひぐらしが奏でる歌は いつかの褪せた思い出
掌から落とさないように そっと したためて

祭囃子の心地よさに揺れ それぞれの想いの中
今 水面へと流す

いっておいでと手を振る
宵に向かう舟の旅
逸る一途な様は 生き写しのよう

花の化粧を纏っても
儚く消えそうな灯り
どうか無事に届きますように


嗚呼 年老いていく 貴方を置いて


そちらの天気はどうですか 暑さは続きますが
素敵な夏を送れること 今年も祈っています

静かに遠退く灯りを
終わりまで見送った
この刹那 風景が愛しく思えるほど

絶えず心に微笑む
貴方へ送る手紙
どうか無事に届きますように


逢いにいきます 想いを乗せて

逢いにいきます 貴方が待つもとへと

※この歌詞"灯篭流し"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P