携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

卒業 -School Days-

作詞: R-R

風がまだ冷たい春の日
少し退屈な卒業式
感動しないわけじゃないけど
涙なんて流れない
泣いてる友人達を見て
取り残されたように感じるのは
頑張った事や楽しい事が
多くなかったってことだろう

「一緒に写真撮ろうよ」って
君がこっちを向いて笑った

つまらないと感じてた日々も 今思うと
そんなに悪くなかったかな
きっとここで出逢った全ての人が
いつか心の支えになる

「今しかできないことがある」
誰かがいつも言ってたけど
全然ピンとこなかった
青春は終わってから気付くもの

誰もいなくなった教室で
黒板の寄せ書きを見ていた

つまらないと感じてた日々も 今思うと
そんなに悪くなかったかな
きっとここで学んだ全てのことが
いつかは生きるヒントになる

つまらないと感じてた日々も 今思うと
そんなに悪くなかったかな
きっとここで出逢った全ての人が
いつか心の支えになる

※この歌詞"卒業 -School Days-"の著作権はR-Rさんに属します。

作詞者 R-R さんのコメント

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'19年12月29日 14:45

この歌詞を評価しました:素敵

つまらないということは、平凡で平和でちょっぴり退屈という意味なのでしょうか? ある意味、幸せの象徴ですね。私の歌詞も見てください。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P