携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

自分維持装置。

作詞: 日向七乃

愛情なんて欲しくはないそう強がっていなければいられない。
自身の強さを信じてたい胸の奥にあるスイッチを押さずに。
行こう。

両の掌に掴めないものが多いことに気づいた時から
何ものにも意味はないんだって思い始める。

怖いから震えてる、怖いから触れられずにいる。
生きているから息をしている。
そんな当たり前が矛盾した痛みになる。

壊れかけてても形を成していることが何よりも嫌だ。
いっそのことなら鼓動を止めて何も語らず何もない世界へと。
機械のように生きているなら全部知らなくていい。

喉から出そうになる言葉の棘を取れずにいる。
きっと何色にも染まらないで生きるなんてできない。
無色透明を装っても汚れてる。

感情失くした人形劇の続きなら結末は知らない。
終わってしまえば何もなかったかのように足並みは乱れない。
愛情なんて欲しくはないそう強がっていなければいられない。
自身の強さを信じてたい胸の奥にあるスイッチを押さずに。
壊れてしまって停止するまでは歩みを止められない。
「行こう。」孤独が付き纏っても足跡は消えないから。

※この歌詞"自分維持装置。"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

毎年恒例の年越し書きおろし企画で書いたもの。
来年もよろしくお願いします。

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

'20年1月11日 06:07

この歌詞を評価しました:深い

人間の精神にとっていちばん、辛いことは、恐れと怒りだそうです。
なかには、それにつけこんでくる悪党もいるので、注意しましょうね。

日向七乃

'20年1月25日 21:55

杉菜まゆかさんいつもコメントありがとうございます。
毎回毎回の返事ができなくてごめんなさい

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P