携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

昼顔。

作詞: 日向七乃

昼顔が咲く。

快楽以外は欲しくない。
情熱になんて甘えてない。
本能的に粘膜をすり合わす。
一線を超えた野生が
情操さえも消していく。
唇から漏れてく呪いが
私を殺す。

乾いた吐息のあとに懺悔。
後悔した日は記念日にしよう。
ぶっとんだ価値観が邪魔をする。
服で隠せないものは何?

ほらまたあなたのいない夜は憂鬱。
こんな簡単に崩れるなら
初めから積み上げなかったのに。
この子も私と一緒で夜が嫌いなの。
見せてはいけない顔でしか
私を表現する方法が見つからない。

関係の糸を切ればいいだけなのに、
赤くもなく太いだけの黒い意図が
ぶっ飛んだ現実を彩りながら
服の裏の鼓動を焦がしていく。

まだまだ私の殻を破れずにいる。
信じられていられるのなら
こんな非日常も優しく包み込めそう。

昼顔が咲く。
体温同士をぶつけたい。
欲望に忠実でありたい。
太陽の下、自然と混ざりたい。
空白を埋めてほしくて
甘えた声色でねだる。
明日のあなたは違う顔に変わって
私と混ざる。

※この歌詞"昼顔。"の著作権は日向七乃さんに属します。

作詞者 日向七乃 さんのコメント

気持ち浮つく春。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P