携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

恋と桜と君と月

作詞: 足立美子

長いまつげを上下させて
君が読み続けてる小説から
私の知らない言葉が
跳ねながら踊る

ひとつ掴んだ文字は
恋という文字

桜はもうすぐ散りゆくけれど
君と一緒なら次の季節を待てる

ちょっとだけ本を閉じて
私を見て
ほら、春が歩いていくよ
腕を引っ張って
さあ、追いかけよう
スキップしながら


日だまりの中でページ追ってると
君は眠くなったりしない?
私の知らない文章が
流れて登っていく

指でつまんだ文字は
恋という文字

月はもうすぐ欠けていくけど
君と一緒なら手が届きそう

ちょっとだけ本を閉じて
私を見て
ほら、夜が始まるよ
手をつないで肩寄せて
さあ、溶けるように
抱きしめて


恋と桜と君と月
私?君=恋
桜?月=永遠


ちょっとだけ本を閉じて
私を見て
ほら、春が歩いていくよ
腕を引っ張って
さあ、追いかけよう
スキップしながら

恋と桜と君と月・・・



※この歌詞"恋と桜と君と月"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

今夜はスペシャルな満月。
君のそばで一緒に見上げたい。

この歌詞の評価
評価項目評価数
素敵 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'20年4月8日 19:30

この歌詞を評価しました:素敵

はらはらと散る夜桜を連想します。恋の行方もいつかは、散ったあとで、愛に染まった葉桜になるのでしょうか。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P