携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

思い出

作詞: megumily

恋と出合った先にあったのは
死という受け止めきれない現実
涙流して叫びかれた声で
会いたいと叫んだ

思い出すよ
バスケした日も赤点の日も
君は君のまんまで
そこも素直に好きだったな
思い出してもいないはずなのに

また浮かんでくよ 笑い声も顔も
私を振り回すイタズラも
いないから寂しくて
窓辺の空を見上げては泣いていた

愛と出合った先にあったのは
君と重なってしまう連鎖
死んだのわかってる
それでも重ねてみていた
顔が似すぎてさ

好きになりそう
あの娘みたいに仲良くなったら
あんな風に話せる?
彼女じゃないの知ってるのに
嫉妬してはガン見してしまう

もう愛してるよ 笑い声も顔も
私を振り回すイタズラも
仲良しだから切なくて
窓辺の景色なんかよりも見ちゃうんだ

クリスマスイブの奇跡に包まれて
すぐに春が来ちゃうね
桜前線 去年より早いんだって

またこうして重ねていけばいいのにな

ねえ愛してるよ 笑い声も顔も
私を振り回すイタズラも
家族になっても変わらずに……

ねえ待っているよ お腹の中の命
私が出会いたい姿も
ママの立場になってから大変だけれど
そんなの覚悟なんかできているんだよ
生まれ変わる君に会いたい

※この歌詞"思い出"の著作権はmegumilyさんに属します。

作詞者 megumily さんのコメント

昔はまってた少女漫画を思い出して書きました

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'20年4月27日 04:57

この歌詞を評価しました:深い

この世に生を受け、いろんな人に出会い、そして死を迎えますが、その人の影響力は残るものですね。それをいずれ消えゆく残骸とするか、それともそれを生かしてその人の二代目になるかは、本人次第ですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P