携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

SUNRISE

作詞: utsusemi


孤高の丘で薄笑い 希望から弾かれた現在地は
こんなにも痛く
純粋さを欠いてまで 自分を殺し自分に殺されて
幾年が過ぎた

臆病が弱音を吐く 正しさなんて消えてしまえと
泣き崩れかけて踏みとどまる この信念明け渡すものか

愚弄された日々の中 願うより明日の行く先 睨み
何度も心折れては終わらせて それでも立ち上がり続けてきたのは
諦観や悲しみに平伏すわけではない
再び出会うためだ 朝と
震える足ごと 夜を越えていけ


劣等の雨に野晒し 無能と諭す自暴自棄に拳握り
服を汚していく
捻じ曲げられた人格は 人に愛されるにはあまりにも遠い
解っているさ

虚栄に疲れ愚痴を零す 間違いしかなかった人生だと
否定する誰かもいない以上 自身で証明する他はない

犠牲にした今までを経て 翳りゆく明日の行く先 恨み
逃げ出す機会はいくらでもあった それでも悪足掻き続けてきたのは
後悔や虚しさに移ろう意味ではない
心底笑うためだ 朝と
癒えぬ傷ごと 夜を越えていけ


言葉ひとつで変えて変えられたように 自分は自分を説き伏せてきた
それが例え 本心を欺く醜さであろうとも


立つべくして立つ今に 正解、不正解なんかもう要らねえよ
死にたくて仕方がなかった 最低こそ始まりに相応しい

呼応した覚悟を歌え 不確かな明日の行く先 歩み
奪われ裏切られ空っぽになって それでも絶えず生き続けてきたのは
喪失や敗北に辿るからではない
全ては出会うためだ 朝と
この最低ごと 夜を越えていけ

※この歌詞"SUNRISE"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (2件)

杉菜まゆか

3週間4日前 ('20年5月1日 17:54)

この歌詞を評価しました:深い

どんなにハピネスな状況でも、反対に苦境にたたされたとしても、白い心だけはいつまでも持ち続けていたいですね。

utsusemi

1週間5日前 ('20年5月15日 01:48)

>杉菜まゆか さん

自分の場合は、もう白い心というものは持てない人間になってしまいましたが、少なくともそうでありたいという意識だけは捨てずに生きていきたいなと思いますね。

今回も貴重な感想と評価、ありがとうございました。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P