携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

へどろ

作詞: utsusemi


周りとは違うと気付いたのは いつだっただろうか
誰もが笑ってはしゃいでいる中 独り片隅で泣いていた
そこに根付いた溝が背丈と共に育ち
吐き捨てれない感情がなだれ込んで 静かに腐りかけていく

へどろ 泥塗れで 自分の醜さを知り
払えば払うほど底無しへと引き摺られて
今更隠せず どうすればいいかも解らず
溢れ出るそれを皆 指差し嗤って言う

まるで化け物だ、と


元の型さえ面影がないほど 心は捻じ曲げられて
もし綺麗なものであれば 周りは態度を変え近寄るのか
時計の針が伸びた影を 人の道から外す
あの頃の純粋も遠退いて 輪郭すら行方不明で

へどろ 泥吐いても 素面は許されず
好きなものを好きと呼ばせない上に嫌って
先生 どうして黙って見過ごすのですか
世界は今も手を繋げと 怒鳴り散らしているのに


へどろ 泥塗れで 化け物に染まれば
罵詈雑言 白い目 見えない刃物だらけ
だけど死に際へ追いやられ 気付いてしまう
醜さを良しとしない常識に生きる人こそ

まるで化け物だ、と

※この歌詞"へどろ"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P