携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

彼岸花

作詞: utsusemi


春の匂いに導かれるまま
夏草を掻き分け ふと見つけた
涼風に揺らめく赤い花は
忘れ得ぬ面影とよく似ていた

どうか微笑み絶やさず
この胸に生き続けていますように

あの日を経てすっかり景色は変わってしまった
むしろ変わったのは自分の方かもしれない
涙を零しては希望を夢見る理由を考え過ぎて
いっそ叱られ 振り出しに戻ったならいいのに

嘘吐き者だらけだよ 世界も自分自身も

美しいものを追いかけたが故に
汚いものだけに塗れてしまった
諦めに勝る選択肢も見えず
こうして歌で吐き散らす落ちぶれで

時に「死にたい」ではなく 「消えたい」と思う
皆から記憶を失くし 誰も苦しまずに
それこそ贅沢な我が儘と叱られるか
残り香と共に 望まず巣立った人に

花言葉を思い出し そう悲観的なうわ言浮かべて
こんな所ばかりは変わらず 直せそうにもないな
なら構わないから 確かめさせてくれ
何処でも微笑む意味を
過去に成る前に遺した 貴方という存在を

彼岸を越えて幻想はやがて散り 土に還る
然して種が芽吹き 次の季節へと受け継ぐなら
この喪失こそが 埋まらぬ空虚こそが
貴方の託す証だと
赤い花に触れ 想い 今 そっと手を離した

どうか微笑み絶やさず
いつまでもこの胸に咲き続けますように

※この歌詞"彼岸花"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'20年9月23日 05:19

この歌詞を評価しました:深い

彼岸花やスズランの根には毒があるといいますが、「貴方」の存在がいつまでも残るといいですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P