携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

声の色

作詞: 足立美子

少し先を歩く
あなたの背中ぼんやり見てた
長い 長い 沈黙
きっとそれが答えなんだろう

薄紫に染まる夜明け間近の砂浜
波の音がまるで呼吸のよう

あなたの心の奥に
閉じ込めた言葉は
無理にこじ開けようとすれば
壊れてしまうのでしょう

もう後ろを歩かないよ
目を閉じて立ち止まり
溢れた涙の向こうに
深い孤独を見た・・・


少し冷えてきたね
引き下がれない私を悲しむように
長い 長い 沈黙
きっとそれが全てなんだろう

昂る気持ちのままに傷つく人を見捨て
落としてきた絶望を見ないふりして

あなたの心の奥に
隠し通した言葉は
死ぬまで秘め続けて墓場まで
持っていくつもりなんでしょう

もう何も訊ねないから
私はもと来た道を戻る
違う夜明けのカタチを探す
深い孤独の果てに・・・


ただ真実が聞きたくて
誰も救われないと分かっても
あなたの声の色は
赤い赤い血の色だった


あなたの心の奥に
閉じ込めた言葉は
無理にこじ開けようとすれば
壊れてしまうのでしょう

もう何も訊ねない
私はもと来た道を戻る
違う夜明けのカタチを探す
深い孤独の果てに・・・

あなたの声の色を忘れない・・・



※この歌詞"声の色"の著作権は足立美子さんに属します。

作詞者 足立美子 さんのコメント

あなたの正義は誰かの不義
巻き込まれて不幸になる人のことまで
分からないなら、その正義は正義ではない。
ある、小説を読みながら考えたこと。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'20年10月30日 17:13

この歌詞を評価しました:共感

「百人いれば百通りの正義がある」という意味は、100%の人が自分だけが正義であるという意味です。自分だけが正義であるというエゴイズムが罪を生むのですね。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P