携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

Water lily

作詞: Makko

君に残した言葉が実は 自分が一番欲しかった 
台詞の花束だなんて思うと ふと虚しくなる
抱えて眠るだけの 恋である以上
見返りを求めてはいけないのだから

どうして僕の前では 泣いたりしないんだろう
「君が痛いと僕も痛い」なんて言えば
もっと遠ざかる気がして 口を噤んだ

その振舞い一つから 目を離せない僕がいる
硝子の靴を叩き割った その破片で
傷痕を付けてよ 眠れなくなるまで
そうすれば僕は君の夜に咲く 白い睡蓮になれる

知らないふりをした感情を 耳打ちして欲しいから
単純なLove Songは心を 少しも揺らさない
手短な言の葉で 収まる本音なら
そもそも隠す必要もないのだから

どうして僕の前では ただ笑っているんだろう
その「ありがとう」すら拒絶を
孕んでいる気がするけど 声が聴きたい

その振舞い一つから 目を離せない僕がいる
硝子の靴を叩き割った その破片で
傷痕を付けてよ 眠れなくなるまで
そうすれば僕は君の夜に咲く 白い睡蓮になれる

それを手折って 会いに行くから

※この歌詞"Water lily"の著作権はMakkoさんに属します。

作詞者 Makko さんのコメント

睡蓮は普通日中しか花を咲かせませんが、夜もその花が開いていれば...
感想があれば、ぜひお聞かせください。

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P