携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

四季の青春期

作詞: megumily

優しい人 レッテルを張っていたんだ
なにげなく過ごしていた春頃
屋上で授業サボって見つけた
隠れていたタトゥー シールだと知らない

教えて
「それはなんなのかな?」
聞かせて 本当の答えを

振り向き様 1m
自分から近づいたんだ
知らない匂いと表情
思春期の発情

今の距離感 1m(ウソだよ)
仲良くなれば もっと知れるね
春色青春日

かわいいとこ お茶目なとこ 知れば知るほど
ふたりの関係が変わり続ける

学校に忍んだと計画した夏
先生さえいない 勘違いしました

感じて
「どこに誰かいる?」
いないと思った 焦った

至近距離が0m
倒れ込んだふたりと
月と影とロマンス
思春期の熱情

既に距離感 0m(サヨナラ)
大人の階段を夢中に昇る
夏恋青春期

これ以上離れないで(愛していたかった)
秋の枯れ葉みたいに(終わった)

切なければ切ないほど
振り返る輝く思い出
泣かないで

振り向き様 1m
自分から近づいたんだ
知らない匂いと表情
思春期の発情

今の距離感 1m(ウソだよ)
仲良くなれば もっと知れるね
冬色青春日

女は忘れてしまう
春色青春日

※この歌詞"四季の青春期"の著作権はmegumilyさんに属します。

作詞者 megumily さんのコメント

ピアプロに移しました

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P