携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

酩酊に射す暁

作詞: utsusemi


落ち着かない視界の中で 今日もおやすみ
雀が鳴く朝には どんな自分に変わるだろう

胃袋に溶けた魔法の効き目に頼りっぱなしのまま
こうして打ち消した不安の宿題は明日に持ち越してしまおう
最近は上手くいかない事ばかりで それが当たり前でも
時には人間という化け皮を捨てて空を自由に飛べたらなんて

冗談のつもりで零したのに
窓を開けて見下ろし 怖気づく真夜中


床に就き 天井の木目を数えていれば良かったのに
懲りもせず夢の行方を案じている

思い出なんて嫌いだ 今が素晴らしいと騙し続けたのに
何食わぬ顔で夢に訪れては失くした物を取り出す
後味の悪い目覚めに苛まれ一日が動くなんて
させてたまるかと腹を括り 微睡みの支度を始めている内に

嗚呼 空が明るくなってしまう
さえずりが責め立てる 変われなかった自分自身

いっそ本気で鳥に成ろうかと
手摺りに登っても 踏み留まる理由がまだ在るだろ


酔いが醒めても 視界が落ち着かないのは
迎えた暁の美しさを知ってしまったから

※この歌詞"酩酊に射す暁"の著作権はutsusemiさんに属します。

作詞者 utsusemi さんのコメント

 

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
合計 1
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (1件)

杉菜まゆか

'20年12月10日 16:19

この歌詞を評価しました:深い

ふと、鳥のようにいろんなところに外出できたらと想像することもあります。私のうたも見てください。

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P