携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

キミヨサラバ

作詞: VILUE

夏祭りで掬った あの金魚は まだ生きてますか
金魚蜂よりは大きく 海よりは遥かに小さい水槽で
優雅に泳ぐ いや恐れ戦き逃げ惑う
あの滑稽な姿は 今でも鮮明に思い出されます

小さなポリエチレンの紐付き袋に入れられたキミを
大きく大きく振り回し その遠心力で
この世の終わりを垣間見せ 踊り狂わせた帰り路
ボクは何を忘れてしまったんだろう
ボクは何を失ってしまったんだろう
気が付けば袋ごと 気が付けば心ごと
熱ったアスファルトにキミを叩き付けてました

キミは元気ですか
キミは幸せですか
マンホールに滑り込み
下水道から流れ着いた海の底は
さぞかし綺麗に澄んでいた事でしょう

夏祭りに巣食った あの憎悪は まだ生きてますか
復讐心よりは快く 嫉妬よりは遥かに醜い感情で
紙網を破り いや水迄も干上がらせた
あの陰湿な姿は 今でも克明に焼き付いています

小さなポリエチレンの紐付き袋に入れられたキミを
強く強く握り締め その圧縮力で
この世の歪みを垣間見せ 横たわらせた帰り路
ボクは何で笑っていたんだろう
ボクは何で消えていたんだろう
気が付けば袋ごと 気が付けば明日ごと
熱ったアスファルトにキミを叩き付けてました

キミは元気ですか
キミは幸せですか
マンホールに滑り込み
下水道から流れ着いた海の底は
さぞかし綺麗に澄んでいた事でしょう

夏祭りに救った あの金魚は まだ生きてますか

※この歌詞"キミヨサラバ"の著作権はVILUEさんに属します。

作詞者 VILUE さんのコメント

濁った青春!

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P