携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

Like that time

作詞: アンスク

そこに灰皿があるのに
ここにある吸い殻
他人の家の塀の上に
平然と置かれた空き缶
注意を反感に受けとり
モラルをエゴと化して
僕は僕でなくなっていく

How will I do?
消え薄れていく
僕の心が
決して揺るがなかった心が
How am I done?
固く鍛えていく
僕の心を
決して揺るがなかったあの頃のように

友が捨てたその場所に
共に捨ていくアナタ
投げられた空き缶を
ただ見送っているアナタ
傍観を普通に置き換え
正義を偽善と拒み
アナタはアナタじゃなくなったのか

How will you do?
丸く削れていく
アナタの心が
決して折れなかった心が
How are you done?
固く鍛えてこう
アナタの心を
決して折れなかったあの頃のように

みんな面倒くさいを無くすために
社会の色に自分を染めた、この一色の街で
せめて僕らだけは僕らの色で
この社会で自分を持ち続けよう

How will we do?
消え薄れていく
皆の心が
決して揺るがなかった心が
How are we done?
固く鍛えてこう
皆の心を
決して揺るがなかったあの頃のように
決して諦めなかったあの頃のように

※この歌詞"Like that time"の著作権はアンスクさんに属します。

作詞者 アンスク さんのコメント

この歌詞は成長するごとに社会の色に染められていく自分に対してそれでいいのか自問自答しながら作りました。
まだまだ読みにくい歌詞とは思いますが、アドバイスをして頂けたらうれしいです。

この歌詞の評価
評価項目評価数
共感 2
深い 2
合計 4
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (6件)

琉稀

'06年7月10日 00:47

この歌詞を評価しました:深い

初めまして。琉稀と申します。

なんだか、とても深い詞ですね。僕にはそう感じます。「自分に対しての自問自答」という中々難しいテーマなのに、非常に上手く表せていると思います。纏め方も上手く、読みやすかったですよ♪

傍観を普通に置き換え
正義を偽善と拒み
アナタはアナタじゃなくなったのか

個人的には、このフレーズの表現がお気に入りですかね☆

もし宜しければ、僕の詞もご覧になって頂けたらなと思います。
では♪


アンスク

'06年7月10日 01:08

ありがとうございます

琉稀さんコメントありがとうございます!
歌詞を誰かにみせるのは初めてだったのでほめていただいてとても嬉しかったです。
これからもいくつか投稿すると思いますのでそのときはまたご覧になってください。

愁雨

'06年7月10日 02:35

この歌詞を評価しました:共感

始めまして

始めまして。舞竜です。
コメントありがとうございました。
当たり前のことができない、今の社会に対し、こういった歌詞を書けるアンスクさんは、本当に凄いと思います。

十萌

'06年7月11日 11:22

この歌詞を評価しました:深い

こんにちは☆

私も一緒に自問自答しながら読ませて頂きました。

そこに灰皿があるのに
ここにある吸い殻

本当にその通りですよね。
そこに灰皿があるのに、
ゴミ箱があるのに、
どうして町は汚れてしまうんだろう。
とても印象的なフレーズでした。
これからも頑張ってください☆

singo

'06年7月11日 15:48

こんにちわ。

はじめまして。
singoです。
コメントさせて頂きます。
言葉も構成もきちんとしていて、テーマもはっきりしているんで、とても詞を書きはじめて間もないとは思えない程、しっかりしてる詞だと思いましたw

How will we do?
消え薄れていく
皆の心が
決して揺るがなかった心が
How are we done?
固く鍛えてこう
皆の心を
決して揺るがなかったあの頃のように
決して諦めなかったあの頃のように

伝えたい事も伝えられてるので、感情移入もできましたw

これからも頑張って下さい。

ash wednesday

'06年7月12日 15:49

この歌詞を評価しました:共感

確かに大きくなるほど社会に流され染まりやすいものです。

こんばんわ^^
Heartです。
この歌詞を見たときすごく「今の世の中に求められているような思想というか哲学的なもの」というような感じなものを感じました^^
すごく僕らが生きる世の中に求められているような大切な心というかそんなものが、土台がしっかりとした世界観、観点から的確に歌詞にそれを描き出していると思います^^
そしてそれを序盤の部分ではすごくリアリティに描き出し、後半部分では「それを忘れるな」というような宣言的なサビがすごく印象的です^^

そこに灰皿があるのに
ここにある吸い殻
他人の家の塀の上に
平然と置かれた空き缶
注意を反感に受けとり
モラルをエゴと化して
僕は僕でなくなっていく

ここの部分良いですね
「注意を反感に モラルをエゴに」と変わっていっていつしか僕は僕でなくなっていく。
すごくそれは今のこの世の中に言えることだと思います。
そしてそれをこのように上手く言葉として表現したのは流石です!!

How will we do?
消え薄れていく
皆の心が
決して揺るがなかった心が
How are we done?
固く鍛えてこう
皆の心を
決して揺るがなかったあの頃のように
決して諦めなかったあの頃のように

ここのラスト。
最後の2文の部分。
「アノ頃」というのはまだ幼き少年の自分を指すんだと思います。
なので「少年の心」それを持ち続け、社会に染まらず流されず生きろ!ということを言っているんだと感じました。
これからも頑張ってください!!
では^^

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P