携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

運命の歯車

作詞: GINZI

静まり返る空想の世界
歯車はただじっと
運命の出会いをまっている

いろんな歯車持ち寄って
一つのパズルをつくろう
そこに道標はある
人との出会いに偶然はない
運命の歯車が
つなぎ合わせられるよう
僕らも運命を受け入れよう

浜辺に佇む一つの陰
寂しそうなその背中に
気づけば声をかけていた

いろんな歯車持ち寄って
一つのパズルをつくろう
そこに道標はある
運命の出会いに祝福しよう
一つ一つの歯車が
ちゃんとかみ合い回るよう
僕らも手をとり進んでいこう

胎動始める空想の世界
運命がかみ合うとき
歯車が動き出す
ゆっくり、ゆっくりと・・・

※この歌詞"運命の歯車"の著作権はGINZIさんに属します。

作詞者 GINZI さんのコメント

人との出会いはすべて必然で、きっと何か意味がある。
そして物語が始まる(ここでは歯車が動き出す)
そんな感じの詩を書いてみました。
アドバイス、批評、感想をお待ちしてます。

この歌詞の評価
評価項目評価数
深い 1
素敵 2
合計 3
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

この歌詞へのコメント (6件)

十萌

'06年7月13日 20:49

この歌詞を評価しました:深い

こんばんは☆

「歯車」という言葉がとても上手に使われていて、
深みを増しているように感じました。

いろんな歯車持ち寄って
一つのパズルをつくろう
そこに道標はある
運命の出会いに祝福しよう
一つ一つの歯車が
ちゃんとかみ合い回るよう
僕らも手をとり進んでいこう

特にこの部分が素敵でとても好きです。
たとえ歯車がズレてしまうことがあっても、
運命で出会った二人ならまた修復できるでしょうね。
これからも頑張ってください☆

GINZI

'06年7月13日 21:11

コメントありがとうございます!!
この詩を書こうと思ったときに
運命、必然、偶然・・・と言うキーワードでかこうと決めていて、それには歯車を使いたいなと思い、いろいろ考えたので歯車について褒めて頂いてホントにうれしいです。
これからもよろしくお願いします。

kalf

'06年7月14日 17:47

この歌詞を評価しました:素敵

初めまして、kalfといいます。よろしくお願いしますね。

出会いを歯車に例えたのは非常にうまいなーと思いました。
素晴らしい発想力ですね。

一つ一つの歯車が
ちゃんとかみ合い回るよう
僕らも手をとり進んでいこう

ここの表現がいいなって思いました。うまいこと歯車を利用して恋愛を描いてますねー。

これからも頑張ってください!

GINZI

'06年7月14日 21:04

kalfさん

初めまして。
コメントありがとうございます。
自分の発想力に全く自信を持っていなかったので褒めて頂いてホントにうれしいです。
ありがとうございました。

Lascet

'06年7月16日 16:09

この歌詞を評価しました:素敵

初めまして、多分、微分、積分。

どうも。Lascetです。

>運命の出会いに祝福しよう
>一つ一つの歯車が
>ちゃんとかみ合い回るよう
>僕らも手をとり進んでいこう

人との出会いには意味がある、というか出会ったその瞬間意味が生まれるのかもしれませんね。

考えさせられる内容でした。

良ければ僕のも見てみてください。だっちゃ。

GINZI

'06年7月16日 18:00

Lascetさん

初めまして。
コメントありがとうございました。
ここでは出会いにとありますが、本当は出会いに限らず
人、自然、動物たち・・・あることすべてに意味があると考えています。意味のないことなんてない。そしてそこには偶然は存在しない。そう考えるとなんだかとても勇気ずけられると思いませんか?
詩読ませていただきますね。
これからヨロシクお願いします♪

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P