携帯版 歌詞GET

みんなの歌詞GET   ようこそ ゲスト さん   メンバー登録(無料)   ログイン  

投稿した歌詞にコメントがもらえるコミュニティ

歌詞

[広告]

Star Dust

作詞: Nanase

真夜中の背の低い丘に
1人ただ立ち尽くしている
夜空にはたくさんの星屑
あまりに綺麗で涙を流しそうで

僕のとなりにはいつもあなたが
だけど今は誰一人いやしない
ふとあなたの横顔が浮かんで
あまりに綺麗で涙を流した

夜空の星は1つ1つ精一杯輝いて
たとえ微かな光だとしても
集まれば1つの大きな光

今目の前が暗闇に侵されても
僕は探し続ける
暗く深い暗闇の中だとしても
僕はあなたという光を探す

真夜中の背の低い丘
持ってきた望遠鏡を覗いた
なかにはたくさんのスターダスト
捕まえれそうで手を伸ばした

ふと振り向くとあなたがいた
それすら夢幻に思えた
あなたはそっと笑ってくれた
ただ触れたくて手を伸ばした

夜空の星は1つ1つ精一杯輝いて
僕に答えを授けてくれたんだ
僕に次の目標を示したんだ

廻り廻るこの幻想の世界で
僕は探し続ける
遠く離れていても同じ
星屑を眺めているだろう

僕は決して大きな光ではないが
あなたを照らし続ける
たとえ光が小さくなっていったって
あなたをずっと見守っている










※この歌詞"Star Dust"の著作権はNanaseさんに属します。

作詞者 Nanase さんのコメント

ふと夜空をみていて
何か書きたくなった歌詞です

この歌詞の評価
評価項目評価数
合計 0
[広告]

この歌詞のURLとリンクタグ

この歌詞のURL:
この歌詞のリンクタグ:

コメントを書く

登録済みのユーザーは ログイン してください。
登録済みでない方は 新規登録 してください。

新規メンバー登録(無料)
第4回みんなのライトノベルコンテスト「しまのわライトノベルコンテスト」
  • 公式サークル みんなの歌詞
  • 公式サークル みんなの詩(ポエム)
  • 公式サークル みんなの小説(ノベル)
  • 公式サークル みんなのイラスト
  • 公式サークル みんなの写真(フォト)

ランキング

※ここでは2018年5月17日のデイリー表示回数ランキングを表示しています。※同順位者が多すぎる場合はすべてを表示しきれない場合があります。

サポートサイト

J@P